2019年01月03日

2018年 最後の燻製

2019年が始まりました。今年は自分の年齢が50の大台にのりますので、今まで以上に健康管理に注意して腹を出さないようにしないと。。

今年も宜しくお願いいたします。


2018年の締めの燻製作りは毎年恒例の冷燻サーモン。

DSC09820.jpg




秋に釣ったスモーク予定のサッカイサーモンを前日に冷凍庫から引っ張り出して、解凍。

DSC09803.jpg


解凍したサーモンの皮を落として、ソミュール液に1日漬けます。(今回は魚の体幅が無かったので、1日の漬け込みでは塩気が入り過ぎました)

DSC09804.jpg


<ソミュール液>(一度煮立ててから使います)
ソミュール液は1kgの魚に対して
水: 450cc
塩: 魚の重さに対して9%の岩塩
白ワイン: 50cc
メープルシュガー: 20g
ローレル: 3枚程度
黒コショウ: 20粒程度
玉ねぎ: 1/4個


此方に漬け込んだ後、水でシッカリとリンスして、それをピチットシートに包んで3時間ほど冷蔵庫で水分を抜きます。

DSC09809.jpg



これでスモーク前の準備は終了。


DSC09810.jpg



これから約3時間程度スモークウッドで煙を掛けます。


DSC09826.jpg


この時に注意しないといけないのが、スモーカー内を30℃以上に上げない事。
当日は外気が0℃だったので、最初の2時間は温度管理は特に気にしなくても全く問題無く作業が進みます。


DSC09813.jpg



2時間過ぎたころから外の気温もあがり、合わせてスモーカー内もウッドの熱で温度が上がってきたので、スモークトレイの下に氷を入れたトレイを引いて熱の上昇を抑えて行きます。

DSC09842.jpg



これでこの日は温度上昇を押さえ込めました。

3時間たった所でスモークは終了。

DSC09830.jpg




サーモンをスモーカーから出し、外気にさらして、余計は煙を飛ばします。
この作業は室内で・・。2時間ほど太陽に照らしているとジワッと脂が出て来ました。

PC300011.jpg



良い感じで仕上がりました〜。

PC300003.jpg



このままだと煙がたちすぎているので、それを抑える為に2日間ほど冷蔵庫で保管して頂きます。

出来上がりは一寸しょっぱかったけど、今年も良い感じで出来ました。
posted by Nobu boy at 04:18| バンクーバー ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

クリスマスにクロカン

今年のクリスマスはウィスラーのかみさんの従妹家族と過ごすという事で、24日、仕事を上がってからウィスラーに移動。

この時期は晴れている方かめずらしいのですが、イブとクリスマスは天気が良さそう。雪が無いので運転も楽だった〜。

PC250051.jpg


クリスマスの朝は先ずプレゼントオープンからスタート。
もう子供達は何を貰えるか判っているので、淡々とイベントが終了(笑)。

その後予定していたクロカンの準備。
あれ、スキーじゃないの?と思うでしょうが、ウィスラーのスキーはリフトが高すぎ。
特にクリスマス、正月の時期などは家族4人で1日滑ったらリフト代だけでも5万円では収まらない・・。

高すぎでしょ・・

クロカンは道具のレンタル、トレイルパスの購入が必要だけど、スキーのリフト代の1/3位で収まるので、未だ許容範囲・・。

PC250064.jpg



ロストレイクのレンタルショップが12時からオープンと言う事で、それに合わせて出発。

PC250059.jpg



天気も良いので、オープンと同時にお客さんでお店は一杯。
レンタルショップの周りのトレイルは混むので、グリーンレイク方面に移動して遊ぶことに。

PC250063.jpg



我が家はクロカンは慣れていないので、滑りだすまでがどの様に靴を履くのだの、板とシューズをどの様に付けたら良いの?と従妹家族たちに教わりながら準備。

準備が出来て少し滑り出して、圧雪して作られたトレイルに収まると、結構スイスイと進んでいきます。

PC250096.jpg


この線路みたいなトレイルは初心者にとっては板がずれることも無く、真っすぐに進めるので良い感じですね。

次男坊だけはコツが掴めないのか、バタバタと変な所で転んでいましたが。。

PC250065.jpg



周りの山は真っ白で、トレイルも人があまり入らない所の様で、新雪がタップリ。

PC250134.jpg



雪遊びをしながらこんなクリスマスも良いものだな〜。

PC250146.jpg



運動したし、ケーキを食べよう。

PC250189.jpg



メリークリスマス。

PC250158.jpg
posted by Nobu boy at 04:24| バンクーバー ☔| Comment(2) | アウトドアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

チャムのフレークレシピ完成

春先に壊れた電気ストーブをほって置いたけど、年末も近いし、そろそろ修理しないと、、と言う事で、パーツ屋に壊れたスイッチをオーダー。

DSC09709.jpg


無事に直ったけど、ストーブの型番が古くなってきているのか、パーツも微妙に収まりが悪い・・。
でも言わなければ判らない程度。
クリスマス、正月前に修理に人を呼ぶ出費が押さえられた〜。


ご飯のお供が少なくなってきたので、チャムサーモンで鮭フレーク作り。

冷凍していた身を解凍してチャム7割、紅鮭3割でフレークを作ります。


DSC09713.jpg



作り方は先ずは海水程度の塩水を身がひたひたにつかる程度入れて、煮たてて行きます。

DSC09716.jpg



煮立ったところで、鮭の身500gに対して

砂糖: 大匙 1
みりん: 大匙 2
酒: 大匙 2
白だし: 大匙 2
だしの素: 5g

を入れて、身が解れるようにかき回していきます。


最後に隠し味でコンブ茶を数枚、細かく刻んで入れてみます(師匠アドバイス)。

ある程度水気が飛んだ所でフライパンに移し、更に水気を飛ばし、フライパンの中でフレークが飛ぶ程度になるまでになったら出来上がり。

DSC09721.jpg


出来上がったフレークはシッカリと熱を取って瓶に移します。

DSC09730.jpg



前回はジップロックに入れて冷凍したけど、解凍して食べるときに身が潰れてしまって残念な感じになってしまったので、今回は瓶に入れて身が潰れない状況で冷凍。

これでしばらく朝ごはんのお供には困らないかな。

DSC09747.jpg


家族的には今回が一番おいしいと言う事で、このレシピで確定です(笑)
posted by Nobu boy at 04:30| バンクーバー ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

虹鱒も燻製に

連休最終日も中々の天気。

サーモン釣り、、と思ったけど、遠出するのも面倒になって来て、自宅近くの湖でニジマス釣りをすることに。

天気が良いので、湖の周りにはスポーツや散歩する人が沢山。
森の中は雨季に入って良い感じの緑が心地いいです。

PB040032.jpg


こんな中で昼寝でもしたいな〜。

PB120079.jpg



晩秋になり湖畔の釣り人はまばら。釣れている人もほとんどいない感じ。
空いているスポットに入って湖面を見ていると、魚が跳ねるのがかなり岸から離れたところなので、そこまでラインが届いていないのが釣れていない原因かな?

PB120087.jpg


取りあえず最初のタックルの設定を出来るだけ遠くに飛ばせるようにして、キャスティングを始めるけど、遠くに飛ばしている分、当たりは感じるけど、合わせが遅れてシッカリと食わない。


使用してるルアーの針のサイズを落として、更に金系から銀系のルアーに代えてみると漸くガッツリと良いサイズが掛かった。

1本上げれば、釣ってきたよ〜、と手ぶらで帰らなくて済むので一安心。

2匹目を狙って続けていると、今度は結構ガッツリ系が掛かった。これは良いサイズが掛かった感じ、少し遊びながらランディングすると30センチ越えのサイズ。今年は小さい魚が多かったので、久しぶりの大物。

PB120096.jpg



2時間ほどやって、家に戻り引き続き庭仕事をしながら釣ってきた虹鱒を塩こうじした後に久しぶりに燻製にしてみました。

PB120100.jpg


温度が上がり過ぎて一寸水分が抜けすぎてしまったかな?


PB120115.jpg


虹鱒の燻製は焼き魚に少し煙が入る程度が自分は好きかな〜。
posted by Nobu boy at 05:38| バンクーバー ☁| Comment(2) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
C-マンション