2019年05月23日

山菜採りに

もう山菜取り(と言ってもタラの芽だけなのですが、、)はもうおしまい、と思っていたらウィスラーからこれからでしょ!とお声が掛かってきたので、連休を使って出陣。

今回はこごみ、蕨、タラの芽狙いで山に入っていきます(ゼンマイは処理が面倒という事で今回は却下)。

どれがどれだか全く判らない我々は其処を見分ける実地勉強からスタート。

歩き出すと直ぐに蕨を発見。

P5190033.jpg



こんなに簡単に見つかると拍子抜け。その後順調にこごみ、タラの芽を発見。

P5190054.jpg



キノコに比べると簡単じゃん。誰も採らないんだろうな〜。
途中でナキウサギも出て来て何を採っているの?

P5190039.jpg



1時間ほどでドーンとこれだけ確保。

P5190104.jpg



最初の場所で採れなかった時の為に更に高度の高い所に行って採ることを考えていたけど、これなら必要無し。

でもそこには別の友人も合流予定だったので、キャンセルするわけには行かず、取りあえず向かうことに。


車でデコボコ道を上がってトレイルヘッドに到着。

P5190059.jpg



デコボコ道を利用してATVのツアーが行われているみたいで、横切って行きます。

IMG_3976.jpg



友人の説明で、今回のハイキングトレイルの折り返し地点は縄文杉では無いけど、1000年級の杉が山頂で見れるという事。
楽しみにして出発。(本当であればその途中で山菜採りが目的だったのですが、この時点で山菜取りは既に頭から消えています。。)

歩き出すと直ぐに雪道に、、。当然ながらそんな場所に山菜など出ているわけもなく、、

P5190094.jpg




足場に気を付けながら歩くのですが、子供達に大人たちが取り残され脚力の違いを改めて感じさせられます。

1時間ほど歩いた所で目的の古代杉にご対面。

P5190070.jpg



中々立派な杉だ。

上を見上げると更に迫力を感じます。

P5190076.jpg


杉は1本だけでなく、その辺りの杉は皆立派で子供達は倒木等に登って遊ぶのですが、兄ちゃん達に追いていった次男坊が自分がどの高さに登っているか判っていなかったようで途中で尻込み。ここで怪我されたらおぶって下りないといけないのでレスキューに向かいます。

P5190080.jpg




結局山菜は見つからず後2週間後ぐらいかな〜、と話しながら下山。


P5190064.jpg



途中ビューポイントで一息。

P5190099.jpg


このビューポイントは中々の景色だね。


帰りの車の中は3人とも爆睡されて早く帰って山菜と一緒にビール飲みたいの一念で爆走して帰ってきました。

P5190106.jpg

posted by Nobu boy at 09:01| バンクーバー ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

久しぶりのポークリブ

真空パック機ですが、最近一段と吸引力が落ちて、空気が結構残る事が増えてきたので、そろそろ買い替えを、、と思って狙っていたところ、セールの告知が入ってきた。


今回は1ランク上の機種にしようかと思ったけど、ランクアップしても吸引力が代わる訳でもなく、デコレーションが増えるだけなので、今まで使っていたタイプの機種にすることに。

DSC00811.jpg


これで真空パック機も3代目。
デザインが恰好良くなっていく。

DSC00813.jpg




ベーコンの仕込みの為にカミさんにコスコで肉を買ってきてもらった。

DSC005821.jpg


今回も中々良い肉じゃないの。

連休で仕上げてる為、何時もの下味で仕込みます。

このコスコの豚バラ肉はこれで日本円で2千円程度なので、非常に安くて良いんだけど、前に買っていた肉に比べると、肉の横幅が半分程度なので、2週間寝かせると塩味が入り過ぎる感じ。と言う事で、今回は10日で上げてみます。

DSC005831.jpg



減塩するか、下味期間を短めにするか?どちらが上手く行くかな?


同時にこの週末は母の日で、友人家族と夕飯をすることになったので、何をBBQにするか?とかみさんに相談されたので、ポークリブにしよう!という事で、ポークリブも仕込みます。

DSC005841.jpg


今回はバックリブを選びます。

何時もは圧力なべで一度、圧を掛けてから焼きますが、今回はオーブンでジックリ焼くことに。
リブの場合は肉の裏側に付いている皮とはがす事を忘れずに。

DSC00586.jpg




焼く前の下味付けの為、先ずは塩こうじを肉にぬって、冷蔵庫で一晩寝かせます。

DSC00588.jpg



この下味をつけた肉にスパイスミックスを塗って、170度のオーブンで3時間焼きます。

DSC00592.jpg


その後オーブンから出して、最後にBBQソースを塗ってBBQグリルで最後の熱を入れて完成。

DSC00816.jpg



今回はガッツリ肉の食感がでる作り方で仕上げましたが、もう少し柔らかく仕上げても良いかな。
昔の食欲で量を作ったけど、かなり余っちゃった・・。

DSC00819.jpg



気持ちは食べる気満々なんだけどね。


posted by Nobu boy at 04:21| バンクーバー ☁| Comment(3) | 燻製道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

ハムの仕上げ

子供達の日本人サッカーチームが春のシーズンに突入して盛り上がってきた。

DSC00484.jpg


特に長男坊の試合は戦術が練られていて見ていても面白い。

DSC00564.jpg



10日間寝かせた肉をハムに仕上げて行きます。

その前にハム作りの道具が揃っているか確認・・。大丈夫そうだな。

DSC00424.jpg



金曜の夜から作業開始。
1時間ごとに水を替えながら3時間塩抜きを行います。

DSC00422.jpg


塩抜きした肉をペーパーピチットシートでくるんで一晩冷蔵庫に入れて水気を取ります。

DSC00426.jpg



朝一番で肉を取り出し、もう一度ペーパータオルで念のために水気を取って、1時間ほど外気に当てて乾かします。

DSC00428.jpg


その後、燻製用のセロハン、サラシを肉に巻いて、両端を結束バンドでシッカリ止めて最後にタコ糸で更に肉を締め上げます。


この肉を先ずは燻製機に入れて55度で1時間半熱入れします。
それが終わったら温度を65度に上げてスモークチップを入れて行きます。

今回は北米の肉の燻製によく使われるメスキートチップを使いました。

DSC00438.jpg



30分ごとにチップを加えて行きます。
これで3時間煙を入れて行きます。

DSC00449.JPG



3時間煙を入れた肉を寸胴に入れて最後の熱入れです。

DSC00453.jpg



お湯の温度を70度まで温度を上げて行き、そこで温度を維持。

維持をして肉内の温度が63度に上がるのを待ちます。

DSC00457.jpg


大体2時間から2時間半ぐらいでこの温度に到達しますので、そこから更に30分その温度を保って一気に肉を冷やして締めます


DSC00459.jpg



シッカリと肉の温度が下がった所で取り出し、セロハン、サラシを外して冷水で綺麗に洗って余計な脂等を流してしまいます。

DSC00461.jpg




最後に小分けにして作業は終了。
久しぶりだけど良い感じで出来たかな。

DSC00464.jpg




味を落ち着かせるために2日置いて食べてみたけど、良いんじゃない。

DSC00574.jpg


これなら直ぐになくなっちゃうかな。さて、次はベーコン。


posted by Nobu boy at 04:18| バンクーバー ☁| Comment(0) | 燻製道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

久しぶりのロースハム作り

この時期になるとビールが庭仕事の後には飲みたくなる。

それと合わせたように酒屋さんにはビール会社のプロモーショングッズと合わせて色々なビールが並ぶのですが、今回はコロナビールの販促商品に完全いロックオン。このかばんは販促商品としてはクオリティー高くない?

DSC00414.jpg


キャッシャーの叔母ちゃんも ”これ良いわね~” だって。


ポークリブ肉をコスコに買いに行ったけど、豚肉のセクションをみていたら久しぶりにロースハムが作りたくなって4kgの肉を購入。

DSC00405.jpg


最近はベーコンばかりでハムは3年位作っていなかったので、昔のブログを読み返して記憶を蘇らせます。
(こういう時にブログは役立つ・・)


1kgのお肉に対して

塩22g(2.2%)
メープルシュガー14g
黒胡椒2g
オールスパイス4g
玉ねぎ1/3(サイズ小さめ)
りんごの薄切り

を用意します。

DSC00407.jpg



この肉とスパイスをフードセイバーに入れて毎日1回もみもみしながら10日間冷蔵庫の中で味がしみこむのを待ちます。

DSC00410.jpg



この週末に仕上げるぞ〜〜。


posted by Nobu boy at 06:22| バンクーバー ☁| Comment(2) | 燻製道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
C-マンション